将来における医療のあり方について

最近、医療関係の分野におけるさまざまな技術が進歩しています。そのなかで特に私が関心を持っているのは、再生医療の分野です。ノーベル賞を受賞した山中教授が研究しているiPS細胞が注目されていますが、これから将来人間の臓器を細胞レベルから新しく作り、そのような方法によって病気を克服していく時代が来るのではないかと考えられます。

そのような再生医療の技術が進歩し、その方法で病気を治療することになれば、現在治すことができないとされている多くの病気が治療可能ということになると思います。現在不治の病と言われる病気になり、絶望しながら生きている人もたくさんいます。そのような人たちも、再生医療によって病気が治るという希望が持てるため、とても喜ばしいことだと思います。

またこれは歯科の分野での話ですが、近い将来虫歯になる人が全くいなくなり、歯科医院もほとんど必要なくなるということを聞きました。虫歯ワクチンといった虫歯にならない方法が開発されるなどのことによって、そのような状況になるのだそうです。そして歯学部は医学部に統合されて、現在多くある歯科医院もなくなってしまうのではないかと言われています。

虫歯も痛みなどの不快な症状があり、歯を失う原因にもなるため、できる限りなりたくない病気です。そのような虫歯が将来なくなる状況になれば、とても嬉しく思います。

将来多くの病気が治療可能となり、病気のない明るい世の中になればとても喜ばしいと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>